アパレル 求人 未経験

アパレル転職就職

アパレル業界の未経験求人について



私は沖縄本島で生まれ、地元のアパレル学校を卒業して、地元に就職先がなかったこともあり、同じ九州の福岡で求人を探し、なんとか未経験でアパレル関係に就職できました。
未経験で福岡に来てアパレルの仕事をして10年ぐらい経ちます。
こちらの生活にも慣れてきましたが、やはり年を重ねていくと、故郷の沖縄が恋しくなってきてしまいます。
毎年、2回は未経験の時でも帰るようにしていますが、両親も高齢になってきて、私は長女ということもあり、両親のことが気にかかってアパレルの仕事を辞めようと思いました。
しかし、この不況の時代、地元に帰ったとしてもアパレルの求人や仕事自体があるのか心配でなかなか踏ん切りが付かないのが正直なところです。
卒業後、就職先がない状況を経験しているだけに、余計にアパレルの再就職を探すのは心配です。
まぁ、そう心配ばかりしてても始まらないので、ネットで地元でアパレルの販売員として働ける求人を探してみたのですが、意外とあるみたいです。
沖縄だけ景気がいいと言う訳ではなく、やはり他の求人は少ない状況ではあるみたいですが、未経験者やアパレル関係の従事者は人材不足という感じで、他の業種に比べたら就職先はあるみたいなんです。
あとは待遇面ですが、あまり無茶な条件でもなければ問題ないと思っています。
元々、未経験の仕事にしては給与とかはいいし、夜勤やシフトなどがバラバラな上、お客さんを試着室に移したりと肉体的にもキツい部分はありますが、それも慣れてしまえば特に問題なので、他の仕事をするよりも私には合ってます。
そうと決まれば、考えてても仕方がないので、まずはアパレル関係の求人サイトに登録して、色々探してみたいと思います。



職業適性検査とは?

職業適性検査って最近よく耳にしますよね。
これってどういうこと?と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。
国語辞典で調べてみると、職業(特定の活動)にどれほど適した素質をもっているかを判定するための検査と書かれています。
つまり、やりたい職業にあなたが向いているのかどうかを判定するための検査ということです。
この職業適性検査ですが、もともとは企業・組織内の人事異動に利用するために広まったものです。
適材適所を把握し、企業・組織の活性化を狙ったのですね。
それが、今は就職試験として活用されるようになりました。
あなたがこの職業に合っているかどうか、企業側が採用する時点で確認をするのです。

救急救命講習で防火服の装備方法などが学べる

救急救命士になる過程で様々な任務について教わりますが、消防士と一緒に火災現場で仕事をするときは防火服を装備しなくてはいけません。
しかし、現在の救急救命士の多くは自前の仕事はできても防火服の装備はできる人が少ないため装備に時間がかかり尊い命が失われる危険性もあることから、救急救命について特別講習を受けることが、ライセンスを取ることになんら必要なくても必須だと言われているのです。


2014/4/01
求人サイトファッショーネから独立

RECOMMEND SITE

アパレル服飾業界で日本人が海外ブランドとの競争で生き残る戦略はこれからのアパレル業界での大きな過大だと思われます。