就職とは?




メニューブロック
アパレルに関する豆知識

スポンサードリンク

就職

就職とは企業や国に労働のために就業することである。
就職はもはやビジネスになっており、リクルートと呼ばれる会社などが、就職をしたい人を集めて、就職が決まれば紹介料を得るという仕組みになっている。
その結果、就職の希望先は著しく偏り、人気がある職種の企業には就職を希望する若者が殺到する一方で、人気がない企業は求人を出しても人が来ない現状に頭を悩ませている。


就職の方法



就職をするには、企業に就職をしたいということを伝えると、そこで働く親方が就職希望者の力量をその人の持っているオーラで判断し、気に入ったら雇うのが、古来の就職方法であった。
しかし、現代の複雑な現金至上主義社会では、企業間の競争は激しく、人員整理などの人材の管理は機械化されており、義理や人情よりも、企業の利益になるかどうかで人を採用する拝金主義の精神が跋扈している。
そのため、現在の日本で就職する方法は、2通りあり誰でも入れるブルーカラー労働者の職場に、使い捨てされる覚悟で就職するか、高学歴と特殊なスキルを謳いホワイトカラーの就職現場に応募し内定を勝ち取るというのが一般的である。
ホワイトカラーの職場に内定を貰いたいためだけに、面接で嘘をつき、学生時代はリア充でしたという雰囲気を漂わせるのが基本的な内定の方法である。



コネ入社での就職




就職をする方法として、一般には企業の出す求人票を見て応募するのが、現在の一般的な就職の手段だが、一部の特権を持った人は親などのコネクションを利用し就職することができる。
しかも、待遇は一般社員よりも良い場合が多く、コネ入社は大手広告代理店である電通や日本テレビなどのテレビ局で行われており、みのもんたの子供である御法川隼斗も親のコネクションで入社した特権階級だといわれている。





そのほかお勧め商品
お勧めの商品

情報





Copyright © ホームページ All Rights Reserved.